titleを作成する上では、下記のような注意点に留意する必要があります。

POINT1 キーワードはなるべく前部(左側)に入れよう

先に紹介した例では、iSEO対策福岡ISEOなら…」のように、上位表示させたいキーワード「SEO対策」がしっかり一番前に入っています。

それに対して、次のようなtitleは悪い例になります。

POINT2 文字数は24文字以内(最大31文字)にしよう

文字通り”タイトル”なのですから、長すぎる文章は禁物です。シンプルに、一言で表現するようにしましょう。

また、文字数が多くなればなるほど、ひとつひとつのキーワード威力が分散されます。できるだけ短くすることを心がけましょう。

ちなみに先に招介した例では、18文字です(1も含みます)。

POINT3 キーワードの使用回数に注意しよう

タイトルの中から、名詞(固有名詞も含みます)を抽出してみてください。

キーワードが重複した不自然な文章にしない

POINT4 キーワードが重複した不自然な文章にしない

(パイプ)の後ろに関しては、キーワードの羅列ではなく、文章に見えるようにしてください。文章に見えるようにするためには、キーワードのつなぎとして「なら」ゃ「の」を付けます。前述の例のように、パイプの後ろが”SEOならセブンアイズ”であればOKです。

POINT5 他のページと重複させないようにしよう

トップページとその他のサブページとで、タイトルがダブらないように気を付けることが重要です。それにより、ペナルティを避けることができるだけでなく、それぞれのページの特徴が明確になり、タイトルの威力を存分に発揮することができるのです。