中国語では、キーワードとキーワードの聞にスペースを入れずに検察する傾向があります。これは、検索連動型広告を出稿する際に重要な違いとなります。

具体例を示すと、「英語学習J(英i吾学耳)というキーワードの検索数を調べた場合、「英語学斗」での月間検索数は約5,300件ありますが、「英語学珂」で調べるとわずか50件程度しかありません。

日本では、「英語学習」「東京ホテル」などスペースを入れた検索スタイルが主流であるため、SEMもそれにしたがってなされているはずです。Baiduに出稿する際は、スペースなしの検索スタイルに合わせた出稿を行ってください。