ユーザビリティの改善が命題となっていることから、 SEO の観点からも、 Google が表示速度アルゴリズムの比重をいまに取り入 れていくと、自信をもって予想します。それは、サービスを提供する対象が、あきらかに変化しているという背景が、事実としてあるからです。 このように SEO とは、現状にてらし合わせ、方向性を探っていくことが、とても有効といえます。先回りして複数の実証実験サイトなどを準備しておくと、それを定点観測することによって、時間の中での志向性や意図を理解することも可能となります。 また、実証実験は確認の意味で行うとよいでしょう 。すべてのアルゴリズムを網羅しようとすると、膨大なサンプルを管理しなければいけなくなるからです。そのためには、 Google の発表や発言から 、その真意をきちんとくみ取ることが大前提となります。