おいしいキーワードを探すには、キーワードリストの「推奨CPC」をクリックして、CPCの高いものから順に並べ替えてみましょう。
すると、意外なスモールキーワードが並ぶはずです。
なぜ、意外なスモールキーワードの入札単価が上がるのでしょうか?
月間検索数だけを追いかけてSEO対策を行っている人は見落としがちなのですが、ビッグキーワードに隠れて、問い合わせや注文など、成果につながりやすそうなキーワードは入札価格が上がっているのです。
すべてというわけではありませんが
実際にキーワードをクリックすれば一目瞭然です。
検索結果画面にアクセスして、検索連動型広告がたくさん並んでいれば、おいしいキーワードである可能性が高いのです。これは使えます!
そちらと同時にライバルサイトも調査しましょう。
キーワードをクリックすることで、Googleの検索結果画面にリンクします。
スポンサーリンクにあるライバルサイトは、お金を払ってでもクリックされたい、アクセスされたいと思っているサイトです。
相手がどの程度本気なのか、サイト内で使っているキーワードなど、じっくりと探りを入れてください。
また、AdWordsキーワードツールとは、SEO対策の内部要因を固めたのち、Webプロモーション施策にも活用するツールです。