WebページやサイトURLには、httpやhttpsと表示されていますよね。

httpとは通信プロトコルのことを言っており、通信のためのルール(言語)のことを指しています。

Webサイトは、このルールに則った言語を使用し、通信のやり取りを行っています。

ただしhttpは、第三者が簡単に覗くことが出来、意味をすぐに理解できてしまうものなので、悪意のある第三者に個人情報を盗まれたり、改ざんをされたりするリスクもあります。

しかし、SSL化した通信、いわゆるhttpsは、その通信言語を暗号化することで、第三者への情報漏えいのリスクから守る確率を高くしてくれます。

SSL化(HTTPS化)とSEOの関係性について、SSL化されたサイトやWebページの場合、個人情報を安全な通信で取り扱うことができるようになります。ユーザーのことを一番に思うのであれば、SSL化されているWebサイトのほうがより優れていると言えるのではないでしょうか。

そのため、Googleは、掲載されているサイトがSSL化されているかどうかを検索順位の判断基準に含めると公式に発表しました。

以前までは、ログインページやフォーム入力ページなど、個人情報の入力が行われる場所のみをSSL化すれば良いとされてきましたが、現在ではSSL化していないページが1つでもあると、安全ではないサイトと認識されるようになったようです。

また、Chromeなどのブラウザーでは、SSL化されていないページに対して「保護されていない通信」と警告を出すようにもなりました。このような警告が出ることは、ユーザーにとって不安ですし、通信の安全性を考えても、できることならSSL化することが望ましいと考えるのが通常でしょう。

しかし、SSL化がSEOに与える影響はそこまで大きなものではなく、SSL化したからといって爆発的に順位が改善するというわけではありません。Webサイトで提供している情報の有用性や、それを検索エンジンにきちんと伝えられているのかといった、基礎的な部分のほうがよほど重要であることは間違いありません。