SEO対策の効果検証

SEO対策の効果検証としてgoogleアナリティクスがあり、分析をします。yahoo!japanにも専用のエクスプローラーツールがあります。

カテゴリー: Uncategorized (1ページ / 2ページ)

内部リンクの最適化

内部リンクとは、外部のサイトではなく、自分たちのサイト内のページを掲載するリンクのことを言います。検索エンジンは、そのページ内のリンクを移動してページ同士の関係性などをチェックしながら、サイトの評価を下しています。そのため、内部リンクを最適化することは、SEO対策を行う上でとても重要な要素の一つとなっているのです。他サイトから張ってもらう必要のある外部リンクとは違い、内部リンクは自身で完全に操作が可能な部分ですので、検索エンジンにうまくサイトを評価してもらうためにも、最適な構造にする努力は行うべきではないでしょうか。


基本的にGoogleは「少ないクリック回数で行けるページ」を重要なページとして認識する傾向にあるようです。そのため、ロングテールキーワードを意識したキーワード設計で目標キーワードが設定されたページに対しては、TOPページはもちろん、サイト内全体にリンクを設置していきましょう 。

このような内部リンクを設置することで、Webサイトを閲覧しているユーザーだけではなく、検索エンジンもコンテンツを行き来しやすくなり、サイトの構造を正しく理解できるようになります。

SSL化(HTTPS化)の基礎知識

WebページやサイトURLには、httpやhttpsと表示されていますよね。

httpとは通信プロトコルのことを言っており、通信のためのルール(言語)のことを指しています。

Webサイトは、このルールに則った言語を使用し、通信のやり取りを行っています。

ただしhttpは、第三者が簡単に覗くことが出来、意味をすぐに理解できてしまうものなので、悪意のある第三者に個人情報を盗まれたり、改ざんをされたりするリスクもあります。

しかし、SSL化した通信、いわゆるhttpsは、その通信言語を暗号化することで、第三者への情報漏えいのリスクから守る確率を高くしてくれます。

SSL化(HTTPS化)とSEOの関係性について、SSL化されたサイトやWebページの場合、個人情報を安全な通信で取り扱うことができるようになります。ユーザーのことを一番に思うのであれば、SSL化されているWebサイトのほうがより優れていると言えるのではないでしょうか。

そのため、Googleは、掲載されているサイトがSSL化されているかどうかを検索順位の判断基準に含めると公式に発表しました。

以前までは、ログインページやフォーム入力ページなど、個人情報の入力が行われる場所のみをSSL化すれば良いとされてきましたが、現在ではSSL化していないページが1つでもあると、安全ではないサイトと認識されるようになったようです。

また、Chromeなどのブラウザーでは、SSL化されていないページに対して「保護されていない通信」と警告を出すようにもなりました。このような警告が出ることは、ユーザーにとって不安ですし、通信の安全性を考えても、できることならSSL化することが望ましいと考えるのが通常でしょう。

しかし、SSL化がSEOに与える影響はそこまで大きなものではなく、SSL化したからといって爆発的に順位が改善するというわけではありません。Webサイトで提供している情報の有用性や、それを検索エンジンにきちんと伝えられているのかといった、基礎的な部分のほうがよほど重要であることは間違いありません。

キーワード最適化ツールを使ったキーワード探し

おいしいキーワードを探すには、キーワードリストの「推奨CPC」をクリックして、CPCの高いものから順に並べ替えてみましょう。
すると、意外なスモールキーワードが並ぶはずです。
なぜ、意外なスモールキーワードの入札単価が上がるのでしょうか?
月間検索数だけを追いかけてSEO対策を行っている人は見落としがちなのですが、ビッグキーワードに隠れて、問い合わせや注文など、成果につながりやすそうなキーワードは入札価格が上がっているのです。
すべてというわけではありませんが
実際にキーワードをクリックすれば一目瞭然です。
検索結果画面にアクセスして、検索連動型広告がたくさん並んでいれば、おいしいキーワードである可能性が高いのです。これは使えます!
そちらと同時にライバルサイトも調査しましょう。
キーワードをクリックすることで、Googleの検索結果画面にリンクします。
スポンサーリンクにあるライバルサイトは、お金を払ってでもクリックされたい、アクセスされたいと思っているサイトです。
相手がどの程度本気なのか、サイト内で使っているキーワードなど、じっくりと探りを入れてください。
また、AdWordsキーワードツールとは、SEO対策の内部要因を固めたのち、Webプロモーション施策にも活用するツールです。

被リンクされたときのことを考慮する

被リンクの際、例えば「ABC商店はこちら」ではなく「コーヒー 豆専門店ABC商店はこちら」のようにリンクを張ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか? 答えは簡単です。Webサイト名を書くときに、いちいち「コーヒー豆専門店ABC商店」と書けばよいのです。
タイトルタグや各ページの上の方「コーヒー豆専門店ABC商店」と書いておくのも良いでしょう。
リンクを張ろうとする人は、Webサイトの中から「コーヒー豆専門店ABC商店」の言葉を コピー&ペーストするでしょう。つまり、Webサイトの目立つところにテキストで「コーヒー豆専門店ABC商店」と記述しておけばよいのです。 Webサイトの名称をアルファベット表記に していたり 、略語 ・略称を使ったりしている場合は、ユーザーに対して「自社が何の専門店なのか」を日本語でわかりやすく記述しておくことをオススメします。

h1の複数使用

h1 は見出しの中でも、大見出しを意味します。W3C のWeb サイト内にあるHTML5 の解説において、文法上、 h1 タグの個数制限を行っていないことも発表しています。また Googleからも 、複数使用したことによる順位への影響はなく、必要であるならば使用可能であることを示唆しています。

ただ、コンテンツ内部においてh1だらけとなってしまった場合、きちん と階層造を明示しなければ、どのh1 がメインとなる大見出しかがわからなくなるおそれもあるのです。

つまり、複数の h1( =大見出し)がある場合、検索エンジンが迷わないように配慮した事前策が必要となります。
h1 を複数個使用する際は、固まれた部分が1つの意味的なかたまりであることを示すsectionタグを用いて、セクション分けを行い次のように記述します。

<body>
</body>
<h1> 果物について </h1>
<p> 果物とは・・・ </p>
<section>
<h1> バナナ </h1>
<p> バナナとは・・・ </p>
<section>
<h1> バナナの種類 </h1>
<p> バナナの種類を分けると・・・ </p>
</section>
</section>
<section>
<h1> りんご </h1>
<p> りんごとは・・・ </p>
</section>

ポイントとして、 sectionタグを用いることで、コ ンテンツの階層構造を
明示することができますし、検索エンジンもその構造をより深く理解する
ことができます。

自分のホームページが表示されないときは

もし、自分のホームページにSEOスパムとして該当しそうな箇所がある場合はその部分を修正してGoogleに登録申請を出しましょう。スパムフィルタによって排除されているレベルであれば、 SEO スパムを修正したホームページを再度クロールしてインデックス化し てくれる可能性があります。また、SEOを始めたばかりのころは偶然に自分のホームページが表示されなかっただけでとても不安になると思いますが、焦る必要はありません。落ち着いて原因を探しましょう。自分のホームページが検索結果ページに登録されなかったり、削除され たという場合のほとんどは一時的なケースでしかありません。 原因の一つには、スパイダーが自分のホームページを訪問しようとした 時に途中のネットワークが一時的に回線断になっていたり、ホステイング してもらっているサーバがたまたまダウンしていたなどのトラブルの可能 性があります。 また、Google は約 1カ月に 1回の頻度で大規模なデータベースの更新をします。 更新作業には時聞が掛かるので複数のサーバ間で同期が取れていない事態が発生します。この時に同じ検索語で検索をすると、検索の度に異なる検索結果が表示されてしまいます。また、単純にSEO対策で失敗した等の可能性も考えられます。

どのようにキーワードを使うか

SEOでキーワードを盛り込んでいく際、「どのようにキーワードを使うのが効果的か」ということをふまえつつ、ブログやホームページを作成していくこととなります。

 

もっとも効果的となるのは、ブログ・ホームページや各記事・ページ の「タイトル」に使うという方法です。

なぜなら、検索エンジンはタイトルを最重要視し ているためです。ですから、重要なキーワードはタイ トルに入れるようにしましょう 。
またさらに検索エンジンに好かれるために、以下の点に気を付け るようにしま しょう 。

・ブログのタイトル→記事のタイトルの順で 、具体的なキーワードになるようにする

・重要なキーワードは、できるだけ最初に使うようにする

・複合キーワードは近い位置に使用するようにする

これらのポイントを守っていくことで、こちらが意図したキーワードを、検索エンジンに伝えやすくなるのです。

良質な有料リンクとは

有料リンクとは、サイトからのリンクを販売するサービスです。現状で即効性が
あるという意味で、最も効果的なのが“良質な”有料リンクです。しかし、ヤフ一、グーグルとも、効果的であるが故に検索エンジンの順位を不当に操作するものとして、規約で禁止しています。
また、このサービスで効果があるのはあくまで“良質な”サイトからのリンクであって、そうではないものがたくさんあるので注意が必要です。
検索エンジンが禁止している以上、お勧めすることはできません。しかし現実と
してライバルサイ トがそれによって上位表示しているにも関わらず、ただ手をこまねいているということがあれば、それは死活問題になる場合があります。自分のサ イトを上位表示に相応しい優良サイトに仕立てることができたときに、あくまでも 一時的に利用する、というのも運営上の1つの手段です。 有料リンクには大きく分けて次の3種類があります。

・政府機関、地方公共団体、商工会議所などの広告

1つのサイ トから行われるリンクとしては、非常に効果が高い場合が多くありま す。 その代わり費用は高く、政府機関と地方公共団体は月間10,000 ~ 20,000 円で、 しかも 6カ月から 1年分の前払いが普通です。掲載に当たっての審査も厳しい方となります。

・民間運営のサイトが独自に募集しているリンク

古くから運営しているCGI 配布サイトなどに見られるリンク広告です。料金は月 間 1 ,000円~ 5,000 円程度で、 3カ月から 6カ月での契約というケースが多いです。 中には非常に効果の高いものもあります。

・多くのサイトからのリンクの一括販売

S EO 業者が行っ てい るリンク販売は主に この形式のものです。 値段、 効果ともにまさし くピンからキリまであります。値段が高ければ効果が高いというものでは決 してなく、いかに費用対効果が高いサービスを選ぶかがカギとなります。

SEMについて理解する

SEMは 「SearchEngineMarketing」の略で「検索エンジンマーケテイング」と呼ばれています。検索エンジンから自社サイトへアク セスを誘導する SEOやリステイング広告などを含め、商品やサービ スを売るためのマーケテ ィング手法全般を指します。ランデイング ページの内容やサイ ト内のアクセスの流れを考え、サイ トを構成する マーケティング手法も SEMと呼ばれることがあります。

 

検索エンジンを利用するユーザーは、何かを調べていたり、 悩みを 抱えている場合が 多 くあります 。検索をするということは、 自ら問題 を解決しようとしている ということなので、ほかの広告に比べて、商 晶やサービスの購入につながる可能性が高いと予想されます。検索エンジンの検索結果から自分のサイトを訪れる ユーザーは、商品やサー ビスに関心があり、優良な見込み客と言えます。

ユーザビリティ

ユーザビリティの改善が命題となっていることから、 SEO の観点からも、 Google が表示速度アルゴリズムの比重をいまに取り入 れていくと、自信をもって予想します。それは、サービスを提供する対象が、あきらかに変化しているという背景が、事実としてあるからです。 このように SEO とは、現状にてらし合わせ、方向性を探っていくことが、とても有効といえます。先回りして複数の実証実験サイトなどを準備しておくと、それを定点観測することによって、時間の中での志向性や意図を理解することも可能となります。 また、実証実験は確認の意味で行うとよいでしょう 。すべてのアルゴリズムを網羅しようとすると、膨大なサンプルを管理しなければいけなくなるからです。そのためには、 Google の発表や発言から 、その真意をきちんとくみ取ることが大前提となります。

1 / 2ページ