SEO対策の効果検証

SEO対策の効果検証としてgoogleアナリティクスがあり、分析をします。yahoo!japanにも専用のエクスプローラーツールがあります。

カテゴリー: Uncategorized

 SEO とスパムの境界線

ホームペ ージにはユーザーの役に立つ情報が満載で、サテライトサイトに も関連情報がしっかりと掲載されている状態は、 Google に好ましい印象を 与えますが、そこに関係性があることを感じさせるのは厳禁です。「不自然」 だからです。 ドメインも I Pもサイトの形状も、徹底的に分散して構築した複数のサテラ イトサイトを同 人物が管理している可能性があると判断されれば、「悪質 なSEO (スパム )もしくは「ハッキング」を疑われて当然です。 Google は検索結果の順位を押し上げるためにオールドドメイ ンを使用することを禁止しています(物理的・制度的に徹底できないため黙 認状態です)。本来、 SEO とスパムは紙一重であり、こ の点がその境界線であると認識してください。 Google のサービスを避けるというネガティブなイメージの施策は、安全 第一でドメインを育て上げることをモット ーとするインハウス SEO にはふさ わしくないように感じられるかもしれませんが、決して矛盾したものではな いのです。要は、 Google に余計な心配をかけてはいけないということなので、 サテライトサイトには必要最低限の施策のみを行いましょう。

SEOの観点からキーワードを再確認

ホームページを見直していくためにキーワード設定が重要であります。訪問して欲しいユーザーのアクセスを呼び込むには、選んだキー ワー ドを使ってSEO を施策することが非常に重要です。 キーワードの修正内容についてはそれぞれのセクションで詳しく解説していきますが、 SEO の観点からキーワード を確認する場合、 HTML の内部や、 記事本文のテキ スト内、さらに外部のサイトから送られてくるリンクタグの 中(アンカ ーテ キスト)にキーワードが必要です。 SEO の初心者の場合はそ れぞれを正確に確認することはできないと思いますが、ホームページの HT ML 内ソースの中に、日本語でキーワー ドが埋め込まれているかどうか程 度は確認してみてください。 HTM L ソースの上部には <t itl e></t itl 巴〉などと記 載されている 「タグ」と呼ばれる記述があり、こうしたタグ内にキーワード が入っていることが非常に重要なのです。

リンクの重要さ

検索エンジンで検索されたキーワードにマッチする情報を持つページへユ ーザを誘導するためには、検索エンジンがそのサイトはどんな情報を取り扱 っているのか認識している必要がある。また、そのためにはクローラーがサイト内の全てのページをもれなく巡回できる状態であること、つまり内部リンクを最適化しておく必要がある。 クローラーはリンクをたどってサイトを訪れるわけだが、訪れたページA からそのサイト内の他のページBへのリンクがなければ検索エンジンはペ ージAの存在や情報を認識できたとしても、ページAが属するサイトの存在を 認識することができない。また、ページAに訪れたユ ザは他のページへのリンクがないとわかるとすぐに検索エンジンに戻り、他のサイトを訪れるか 再検索を行うだろう。

ソーシャルブックマーク

ソーシャルブックマークは今も昔もドメインの力が非常に強く、ソーシャルブックマ ークに登録するだけでそれなりのSEO対策効果が期待できました。しか
し現在ではソーシャルブックマ ークからのリンク自体の評価がかなり下げられています。現在のGoogle はドメインの力より PageRank の評価を優先するようになったので、以前のような効果を得ることはできません。ただし、ソ ーシャ
ルブックマークからのリンクは、ブログの コメントやトラックバックとは違い、 完全に効果が見込めなくなったわけではなく、それなりのSEO対策効果が見込め ます。また、 1つのページに対してソーシャルブックマ ークへの登録者が100 人、 200 人と増えてくると、「ソーシャルシグナル」が発動し、その登録が増
えたページが上位表示されやすくなるというメリッ卜があります。もちろん、
ソーシャルブックマークからの直接的なアクセスアップも期待できます。なお、 ソーシャルブックマ ークのトップページはPageRankも高く、ここに掲載されれば大きなSEO対策の効果が期待できますが、多くの読者から興味をひくコンテンツを用意する必要があるほか継続的に掲載されることも難しく、あまり現実的ではありません。

格安SEO対策の東京SEOメーカー